宮崎駿のセンス

f:id:Jco:20170414115537j:plain


嫌いな人は読まなきゃいんだけど

嫌いな人にこそ伝えたい

 


最近日記でも、このことばかり

言ってるくせに

 


わたしは人に向かって

「スピリチュアル」と言う

自分に、まだ馴染めないんです

 

 

もっといい言葉ないかなって

考えてた時に、

「センス」かなって思いました

 


センスがいい…ってそれです。

感性、感じること

 


Sense

 

五感の意味。

転じて、美的感覚や感性のこと。

才能と似た意味


 

Six  Sence

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚

を超えた、第六感



スピリチュアルはセンスだし、

感じること

live、生、生きること

そのものだと思ってます。



そういう意味で、

わたしの思うスピリチュアルとは

こういうこと…

 

********


僕は自分の土俵を 

 


毎日たわしで

マッサージをして

体操をして

 


シャワーを浴びてから

ゴミ拾いに出て

 


コーヒーを飲みに

行って…って

  


それから戻ってきて

飯を食うっていうね

 


その…なんと3時間ぐらい

かかるんですよ

  


もっとかかるかも

知れない…

 


それが僕の生活の 

基礎なんですよ

 


そこで見てる

範囲のもので

 


世界を

判断してるんですよ

  


ひひひ…

 


そこで、

その街が 様子が 

 


どんどん変わって

きたなとか

  


こいつは一体

どうしたんだろう

とかね

  


そういうのを

見てるんですよ

 


物価がどうなってん

だろうとか

  


肉眼だけですよ

 

 


 宮崎   駿

 

2013年 公開

「夢と狂気の王国」より 


(この記事は、2017.4.14に書いたものです。

まちがって複数のブログを

開いていたので、1つにまとめました)